第3回学生座学研修

11/26オンラインにて第3回の学生座学研修を行いました。

11/18~19で行われた事業検証と研修のやり方等、来年の参考にするために参加してくれた学生から貴重な意見をいただきました。

来年開催する際にいつ頃が学生が参加しやすいか聞きましたら、8月~9月中旬位と11月中旬以降(今回と同時期)が学生が集まりやすいことがわかりました。

以前夏開催時は前期の試験と被ってしまうため、参加しにくかったのが、1コマ100分授業にしてきている学校もあり、以前より被りが少なくなってきているようです。とは言え、8月2週目に試験という学校もあり、来年開催する時は夏開催なら盆明けの8月秋開催なら今回と同じ11月3週目あたりが学生が集まりそうです。事業開催時期に関しては次回役員会議で話あうことになっています。

開催時期以外に研修日程や事業検証をKPT法で行いました。

「Keep(できたこと/継続すること)」

「Problem(改善するべき問題点)」

「Try(挑戦したいこと)」  

それぞれの頭文字をとっています。

Keepに対してTryしたい事、Problemに対してTryしたいことを意見していただきました。来年開催する際には参考にしたいと思っています。

彩の国きずなウォークに対しまして深いご理解とご支援ご協力を賜りました多くの自治体、関係諸団体、ご協賛いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

「地域の子どもは地域で育てる」の理念の基、来年も開催するつもりでいますのでご支援・ご協力よろしくお願い申し上げます。

 

全員完歩

11/18,19で行われました「彩の国きずなウォーク2023チャレンジ50㎞」1人の脱落者もなく全員完歩する事ができました。

保護者の方々に少しは成長したお子様をお返しする事ができて安心しました。保護者の方々はお子様を誉めてあげてください。誰一人弱音を吐かず、遅れることがなかったお子様は本当に頑張りました。足が痛く遅れそうになっても学生の「前と間空いたからリュックタッチしよう。」の声に早足で前の子に追いつき頑張ってくれました。みんなの頑張りがあったから5人全員笑顔で完歩する事ができました。

50km完歩おめでとう

全員完歩はしたものの私がこの事業に関わって一番元気がない参加者たちでした。

それは大声を出したり、対面で話すことができずに小学校生活の半分をコロナの影響で自由にできなかったという事が大きいのかなと思います。問いかけてもうなずくだけで「はい」の返答もない子どもたち、コロナの影響はすごいな。今年は大丈夫か。初日ゴール後とても不安でした。

でも子どもたちも50km完歩するという大きな目標の他に絶対にみんなから送れないや「はい」と返答する。歩調コールを5回以上言う。等小さな目標を各々が達成するために頑張ってくれたのだと思います。

その子どもたちの頑張りに、どうすればうまくできるんだろうと本番中、向上心を持った学生たちが悩みながら、対策を練り子どもたちを叱咤激励をしてくれたおかげで全員完歩出来ました。

学生のみんなありがとう。

最後に「彩の国きずなウォーク2023チャレンジ50㎞」に携わっていただいたすべての方々のご支援ご協力に心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

学生座学研修

11/12オンラインにて座学研修を行いました。

1人体調不良で欠席となりました。本番までには体調を戻すということですが、2回連続の体調不良ということで心配です。しかし、欠席予定でした学生が都合が付き参加してくれたことはうれしい限りです。

研修当日は急に寒くなってきて、寒暖の差が激しいですので他の学生も体調を崩さないで本番を迎えてほしい。と願います。

9/3の新規学生スタッフ説明会で新たな学生スタッフが加わり、10/1から行ってきた学生研修も本日が本番前最後の研修です。

学生も1か月半の間にかなり成長してくれました。

自分が引っ張ろうと心掛けてくれるようになった学生もいれば、ディスカッションでも学生みんなが子どもたちのことを真剣に考え、議論を交わしてくれました。議論した事項を本番で実行できるように挑んでもらいたいです。

しかし正解だと思う事でもうまくいかないのもこの事業のすごいことだと思います。なんでこうなるんだろう。どうすればうまくできるんだろうと本番中、向上心を持った学生たちが悩みながら、正解に近い回答を自らみつけて本番後にはさらに成長した学生になってくれていることでしょう。

研修期間はわずかではありましたが9人の学生たちは本当に頑張ってくれました。保護者の皆様、安心してお子様を学生たちに預けていただければと思います。

5日後の朝、元気なお子様に会えることを社会人・学生スタッフ一同お待ちしております。

第2回全体会議

11/8オンラインにて第2回全体会議を行う予定でした。しかし役員以外の社会人の参加はありませんでしたが役員のみで、本番前最後の確認作業を行いました。

安全祈願のお札をいただいてきたことの報告をし、本番帯同する車や同乗するメンバーの確認や、結団式解団式の流れの確認を行う事ができました。

試歩に出れなかった役員から本番最終地図を送ってほしい。と各々が確認作業も始まってきています。

10日後は本番です。週末位から寒くなるということですので、体調管理を万全にして、本番を迎えたいと思います。

第10回役員会議

11/2オンラインにて役員会議を行いました。

本番の実行組織図や結団式・解団式のスケジュールが決議され、いよいよ本番に向けてラストスパートです。

実行組織図で3部門に分けた部長を中心に準備を進めていきます。子どもたち全員を50km完歩させるために、準備に落ちがないよう確認しながら進めていきます。

会議でも、子どもの歩行練習が少ないのが不安という意見がありました。初日は何とか歩けても2日目は足が痛くて大変になると思います。

ブログを読んでくれた参加者、保護者の方は歩きの練習をしてください。本番は約6km毎に休憩です。せめて1回は6km以上あるいは1時間30分以上歩く練習をして本番に挑んでいただければと思います。よろしくお願いします。

参加者保護者説明会

川里農業研修センターにて10月29日(日)に参加者保護者説明会を開催しましたが参加者4名、学生3名ととても寂しい説明会になってしまいました。

参加者、学生とも体調不良で欠席の人がいたので、あと3週間後の本番に向けて体調管理を万全にしてもらいたいものです。

保護者の方々に事業概要をしましたが、初めて会う方々のはずなのに和やかな雰囲気の中で進めることができました。

保護者の方々には少年団などの大会や持久走大会などの学校行事が多い秋に、きずなウォークにお子様を参加させていただき、本当に感謝申し上げます。保護者の方々からお預かりしますお子様は5人全員を笑顔で50km完歩させます事、お約束いたします。

参加者の方は学生に任せましたが、学生の人数が少なくなってしまい、予定のレクリエーションが出来なかったようですが、少ない人数でできるレクに変更したりと頑張ってくれたようです。

保護者の説明会が終わり、自己紹介と学生代表挨拶しか見れませんでしたが、保護者の方々は安心して学生に預けられると思ってもらえたのではないでしょうか

参加者の歩く練習が少ないのが気になりますが、今からでも体力向上のために親子で歩いて頂ければと思っています。

3週間後の本番で元気な参加者と会えることを楽しみにしています。

参加者保護者説明会

こんにちは🌞

学生スタッフのちぃーです!

10月30日(日)に参加者保護者説明会を行いました。参加してくださった皆様、ありがとうございました!

スタッフは午前中に集まり、最終打ち合わせを行いました。

子どもたちと歩く道を実際に歩き、時間を測定しながらコースを把握している時の写真です📸

この日、学生スタッフは3名しか集まることが出来ませんでした。最近インフルエンザが流行っていますね😷皆様、くれぐれも体調管理にはお気をつけください💦

午後1時から受付開始。

社会人スタッフの皆さんが保護者説明会を行っている間、学生スタッフは子どもたちとレク等をして楽しみました!

初めにきずなウォークの説明を聞きました。

歩いた後には、人間知恵の輪!皆とても上手でした👏

その後は、ヘリウムリング!フラフープから指を離さないように注意しながら、フラフープを床まで下げるというゲームです。指が離れないようにするとフラフープが上に上がってしまい、意外と難しいんです😵‍💫

そして最後には、もうすぐハロウィン!🎃ということで、ハロウィンを連想させるものを折り紙で作りました。全員素敵な作品を作ることが出来ました✨

説明会の後は1人1言ずつ振り返りを行いました。

本番まであと1ヶ月をきりましたね。

学生スタッフも参加者の皆さんも体力をつけて、本番万全な状態で挑めるようにしましょう!

当日、また皆さんに会えることを楽しみにしています🎶

復路試歩を行いました!

こんにちは。学生スタッフのゆずきです。

今回は、10月22日(土)に行った復路試歩の様子をお伝えします。

本番2日目と同じ約24kmのコースを、スタッフで歩きました。

朝から集まり、まずはラジオ体操でスイッチを入れ、ハイタッチをしてスタート。

学生スタッフは、子ども役と学生スタッフ役に分かれて本番の状況を想定して歩きました。学生スタッフ役は、リーダー、サブリーダー、安全誘導などの役職を交代しながら体験しました。途中では、トイレの位置を確認し、実際に行ったことを想定して元の隊列に戻る練習もしました。

信号では、間隔を詰めて一気に渡ることで隊列が分かれてしまうことを防ぐ工夫をしました。横断歩道を渡るときには、旗を掲げてくれている安全誘導の人へ「ありがとうございます。」という感謝の言葉が飛び交っていて、あたたかい雰囲気で歩くことができました。本番では、子どもたちにも感謝の言葉を伝えられるようになってほしいです。

待ちに待ったお昼。みんなの食べたかった唐揚げ弁当でエネルギーチャージ。今回の試歩では、全体的に時間に余裕を持って動くことができたので、心地よい秋晴れの中のんびりとお昼寝をしたり、遊具で遊んだりとリフレッシュすることができました。

再びスタート。午後は、歩きながら歩調コールをしたり、気温が上がったため途中地点で水かけをしたりと彩100らしい活気のある雰囲気でした。筆者は、ひとりではくじけそうでもみんなと一緒なら乗り越えられると、参加者のときに感じた感動を思い出しました。

そして、夕方にはゴール。ストレッチをしたり、振り返りをしたりと1日のまとめし、最後には記念写真を撮りました。こちら ↓↓↓

天候に恵まれ、スタッフ同士の絆も深まり、充実した1日となりました。反省点や確認した危険箇所を本番に生かせるようにします。参加者、スタッフ全員で50km完歩目指していきましょう。

次の投稿もお楽しみに。

全体会議予定

10/25第1回全体会議の予定でしたが、役員のみの参加となったため、全体会議は中止し、役員で本番の確認を行いました。

復路試歩時に本番の夕食は弁当でなく、どんぶりになってしまうが暖かい食事にしたい。という要望があったため、役員に確認を取りました。

宿泊施設がバーべキュー場の炊事場で調理できるが16:30までの使用可能時間と衛生面に不安があるなどの意見より、初日の夕食は弁当ということに決定しました。

他、過去に社会人スタッフで協力してくれたから問い合わせがあったことや参加者保護者説明会の確認することができ、次第にない内容ではありましたが、有意義な会議をすることができました。

明後日は参加者保護者説明会です。子どもたちや保護者に不安を与えない説明会を実施できればと思っています。

復路試歩

10/22加須元気プラザ~川里農業研修センター間24.1kmの復路の試歩を行いました。

学生たちは先週の往路試歩の反省を踏まえ、歩きやすい天候に恵まれたこともありますが、復路試歩では行動に行かしてくれました。

試歩の目的である危険個所の確認と対策でも学生同志共有する事が出来、学生同士のコミュニケーションが良くなり、一枚岩になりつつあります。

感謝の心を伝えることも学生が自ら声を出していて、これなら本番で子どもたちの鏡になれるな。と安心しました。

時間管理に関しては社会に出れば5分前行動は素晴らしい事ですが、学生より体力がない参加者の事を考えるとあと2,3分長く休憩が取れるように本番では意識してもらいたいです。

いずれにしても前回の反省は改善され、今回の反省を本番で生かしてくれればと思います。

歩行中、残りの距離が把握しづらかったので水かけをできない時は、ハイタッチをしてもらうことにより、把握しやすくなりました。また、前回は歩行後に、特に社会人が影響が出ていたので今回はストレッチを行いました。

毎年同じようなことをしていても様々な気付きがあり、反省が付きません。我々も改善しながら、本番に向けて子どもたち全員を50㎞歩かせるという熱い想いで頑張っていきます。