参加者保護者説明会

6/30川里農業研修センターにて参加者保護者説明会を行いました。

参加者7名が集会室でレクを行い、学生が7月からの期末試験で来れないや教員試験前で来れないなどの理由で学生が全員欠席という状態でした。しかし学生OBがレク進行をしてくれたので、何とかなったようでした。

参加者の子どもたちもレクで打ち解け盛り上がっていたような気がします。

本番では、コミュニケーションの大切さを体験してもらうことで、「思いやりの心」「感謝する心」を育んでもらえばと思います。

保護者の方々は会議室にて主旨概要させていただきました。

始めに自己紹介をさせていただきましたが、過去に兄や姉が参加していただいた方が多く、兄や姉のように素晴らしい体験をしてほしい。やチラシを見てこの事業参加したい。と子どもが言ってきたので等、とても嬉しいお言葉をいただくことができました。

きずなウォークを継続していたからこそのお言葉で、さらに2024は夏に戻すことにして感慨深い気持ちでした。この自己紹介を聴き、参加者7人全員を必ず笑顔でゴールさせようと。改めて思う事ができました。

保護者の方々から酷暑にお子様をお預かりします。命を預かる事業だと思っています。命を預かるということは絶対的な責任感が無いといけないと思っています。

近年の夏の暑さ問題はありますが、休憩中に手のひらを5分ほど水に浸す等の深部体温を下げる行動を実施し、真っ黒に日焼けし、1回りも2回りも成長したお子様を保護者の方々にお返しする事をお約束します。

役員も事業前、事業中も努力いたしますが保護者の方々も事前練習帳でお子様と一緒に歩く練習をしてください。

そして十分に五感を働かせ、お子様の事をいろいろ聴いてください。歩くからこそ聴けることきっとあるはずです。

7/21の参加者保護者研修会で7人の参加者子どもたちと保護者の方々にお会いできる事を楽しみに待っています。

2024第7回役員会議

6/26オンラインにて第7回の役員会議をしました。

今回の会議は参加者の最終結果と協賛金の報告と参加者保護者説明会の最終確認を行いました。

参加者は2名がスポーツ少年団の合宿と重なり、辞退となり、最終的に7名の参加者ということになりました。

20名の応募人数に達する事はできませんでしたが、5年ぶりの夏開催で近年の暑さのこと考えたら、子どもたちに目が行き届くので良かったと思っています。

協賛金は目標金額まであと少しということです。子どもたちの命を預かる事業の為、目標金額に達するよう、声掛けをしていきたいと思います。

参加者保護者説明会では参加できる学生がいないため、役割分担を調整しました。

7/21の参加者保護者研修会では本番前に子どもたちの様子を確認する事ができるラストチャンスであり、保護者の方々に学生を紹介するので日程調整をし、多くの学生には参加してもらいたいものです。

研修試歩2日目

はじめまして、学生スタッフのゆうせいです。

6月23日に本番3日目のコースを試歩しました。

メンバーは、学生スタッフ3名、社会人スタッフ3名、サポート3名の9名で行いました。

当日は宿泊先からゴール地点まででしたが、曇天や降雨の繰り返しで体力的にキツイ状況でした。

途中でサポート方々に“水かけ”をやって頂き、「もう少しがんばろう!」と発奮し心が前向きになりました。

街並みを歩いている時に水溜りが多く、かつぬかるんでいる箇所が見かけられました。

今回から学生スタッフとして参加しますので、本番で担当するリーダー・サブリーダー・セーフティーなどの役職を経験できた事は良かったです。

初めての誌歩で「どんな所が危険か、休憩する所のトイレの数はどれ位あるか」など、体感出来ました。

最後となりますが、本番の8月23日~25日に参加される小学生へ積極的に声掛けして、全員けがなく無事にゴール出来るよう、残りの研修や試歩も頑張ります!

宿泊研修2日目

6/23宿泊研修2日目として本番最終日の試歩を行いました。

スタート前から雨が降て言いましたが、本番雨が降った時の練習という想いでくまぴあをスタートしました。

昨年の秋も雨の中の試歩を行った時、私が来ていたポンチョが薄かった為、インナーまで雨で濡れ寒くなった経験から、撥水性の良いポンチョで試歩を行いました。 

しかし今年は汗で蒸れてしまう状況でした。

昨年の試歩雨天時は12℃に対して今年の試歩雨天時は19℃。薄いポンチョを着ていたらインナーが濡れて寒くなったかもしれませんが良い経験をさせていただきました。

ちなみに昨年8月で雨降った時の気温は27℃前後、熱がこもってしまい熱中症の危険もあるので、今年の夏本番は今まで通りの薄いポンチョにしようと思います。

こんなちょっとしたことも何年やっていても体験しないとわからないこともあります。

参加してくれる子どもたちは3日間連続であることも、知らない仲間と寝食を共にすることも日常ではできないさまざまな体験を積むことにより成長します。

自然や人々とふれあい、コミュニケーションの大切さや様々なを体験してもらい、3日間お預かりするお子様を1廻り2廻り成長した姿で保護者の方へお返しできることを目標にあと2か月努力していきたいと思います。

宿泊研修初日

6/22~6/23にかけて宿泊研修を本番2日目で宿泊する熊谷市スポーツ文化村「くまぴあ」にて宿泊研修をしました。

2019年ぶりの宿泊研修、夏にやっと戻ることができるようになったんだなと感慨深いものです。

今年は近年の暑さが厳しくなっている中、就寝時に深部体温を平常に落とせる用エアコンがある場所を利用しようとなったわけですが、施設の確認をすることが事前にでき、とてもよかったと思います。

研修会場では声出し基本や応急処置、目標設定、チームビルディングゲーム等を行いました。

学生がもっと集まり、学生同志で協力し合い答えを導く等してもらいたかった部分はありますが、社会人も加わり進めたことにより宿泊研修に参加したメンバー同志ではグループから同じ目標を持つチームになりつつあると感じました。

社会人スタッフ、学生スタッフいう区切りではなく、子どもたちを笑顔で70km歩かせることを目標としたチームのメンバーとして、参加できなかった社会人と学生が加わり、もっと大きなチームとなり一枚岩になれることを信じています。

社会人、学生関係ないところが彩100の良いところ、あと2か月頑張っていきたいと思います

第3回学生研修/1日目

学生スタッフのたくみです。今回は6/22、「熊谷市スポーツ•文化村くまぴあ」にて行われた第3回目学生研修についての記事を記します。

これまでとは違い、社会人スタッフとの合同研修した後、一泊しました。
その活動内容とその状況としては、
◯自己紹介
 学生スタッフと社会人スタッフによる顔合わせをした。
◯目的の確認及び目標設定(うちわ製作)
 目的と目標の意味を考えた後、各自が考える絆ウォークの目的と目標を発表。加えてそれらの言葉や思いをうちわに書いた。
◯アイスブレイク(人狼ゲーム)
 人狼ゲームを行ったが、ルールを知らない人がいたため、情報をわかりやすく伝える重要性を学んだ。
◯目隠し誘導ゲーム
 誘導者1名、目隠しされる人2名の3人で1グループで挑む。他の人たちが作った障害物だらけの廊下•教室内にあるゴールを目指し、誘導者が声だけで目隠しされた2名を安全に導くゲーム。
とても盛り上がった。
・夕食🍽️
 くまぴあで提供された料理を食べた。
・保護者説明会での発表用レクの案出し
 6/30日に行われる保護者説明会で伝える、子供達と楽しめるレクの案の出し合い

以上のことをしました。また、一泊宿泊したことによって施設の確認と体験をしました。
初参加である私には、本番のイメージをより詳しく掴むことができました。
本番での成功に繋がることを祈ります。


第二回学生研修

はじめまして、学生スタッフのなゆたです。

6月9日に2回目の学生研修を行いました。

最初にアイスブレイクを行いました。

次に、テーマに対してグループで話し合いを行い、その後グループメンバーをシャッフルして意見を他グループと交換する「みつばちディスカッション」を行いました。

他にも、一枚の写真を見てそこを歩くときにどのような危険が考えられ、回避するためにはどうすれば良いか話し合い、発表をしました。

午後には言葉だけで自分の見ている画像を説明する、や細切れの情報を元に一枚の地図を完成させる、など「伝える力」をつけるための練習に取り組みました。

地図を作る練習は引っ掛け要素があったりと難易度が高く、苦戦しました。

最後に、一人一人が自身の目標ややりたい役職などを発表しました。

次回から試歩などより本格的に本番に向けた研修が始まります。今日の研修の経験を活かして取り組めるようにしたいと思います。

第2回学生座学研修

6/9鴻巣中央公民館にて第2回の学生座学研修を行いました。

第1回より研修に参加する学生も増え一安心です。

最初にきずなウォークの基本を知ってもらいました。歩く時の服装から結団式前の参加者の対応、水かけや休憩時の水のもらい方等。きずなウォークで学生にとって唯一と言ってもいいくらいマニュアルに沿ってもらいたい行動です。

歩調コールも軽く説明しましたが、子どもたちが歩調コールをする意味をわかってくれないと歩調コールしてくれません。学生が子どもたちにどのように伝え、子どもたちが本番の3日間で成長するか楽しみです。

きずなウォークは熱中症の危険がある中で歩きます。子どもたちの命を預かる事業の為絶対的な責任感を持って臨んで欲しいものです。その話の後のみつばちディスカッションでは、子どもたちの成長につながる行動する。熱中症の知識を把握するや子どもたちの鏡となる。という頼もしい回答も出てきました。

彩の国きずなウォークが何かを教えてくれるのではありません。学生自分自身が何ができるか考えてください。

考えたことにより多くの事を得ることになります。人任せや指示待ちでは成長しません。

自らがやってみよう。挑戦してみよう。自分で考えてやってみよう。自主性を持って2か月後の本番に向かって学生たちには頑張ってもらいたいです。

2024第6回役員会議

今回は応募してきてくれた参加決定者の発送準備が有るため、6/4に対面式で第6回役員会議を行いました。

応募人数の20名には届かないという悲しい結果でしたが、事業は開催する事が決定しました。

コロナ禍で日数や距離を減らしていましたが彩の国きずなウォークという名前で事業を継続していたからこそ、各自治体や関係諸団体、協賛企業の皆様の深いご理解とご支援・ご協力を賜ることができたのだと思っています。

参加者は20人には達しませんでしたが、参加した子どもたち全員が70km完歩できることをを目標に、学生研修や準備を進めていきたいと思います。

応募してくれた参加者たちやその保護者の方々と6/30の保護者参加者説明会でお会いできることを楽しみに待っています。

この度はきずなウォーク2024に応募してくれてありがとう。

冒険するお子様を参加させていただきありがとうございます。

第1回学生座学研修

5/26に中央公民館にて、社会人スタッフやOBスタッフにも研修参加してもらい第1回学生研修を行いました。

子どもたちを全員完歩させるには、社会人スタッフだとか、学生スタッフだとか言っていられません。同じスタッフとしてみんなで目標に向かって頑張っていきたいと思います。そこが彩の国きずなウォークの良いところだと思います。

きく力を習得する研修では自然に耳に入ってくる門構えの「聞く」ではなく五感を動かし意識していればどんなうるさい状況でも相手のことを「聴く」ことができる。

自己紹介ではあるが自分が一歩的に話すのではなく、相手の話に対して相づちやオーム返し、質問しながら相手に関心を持つようにしよう。とみんな真剣に話し合ってくれていました。

伝える力を習得する研修では三角ゲームを行い、説得力が持て、短時間で伝わるのでゴールイメージを共有することが伝わりやすい。と自分が思っていることは簡単には伝わらないんですが相手に合わせてどう工夫すればより伝わることができるのか考えてもらうことができたと思います。

その後グループからチームなる為には共通の目標を持つことが必要の為、フラフープを使って1周タイム計測するフラフープリレーと床までのタイム計測するヘリウムリングをしました。

どうすればタイムが早くなるのか!こうすればよくなるのでは!!やり方を話し合い、それを実行し、また、違う方法が思いつくどんなことでもPDCAのサイクルをして成功するように努力していこう。と話し合いました。

午前中座学研修で、初心者が多いこともあり、全体的に静かだな。という印象を受けました。研修では基本的なことは教えられますが学生自分自身が何ができるか考えてもらいたいと思います。人任せや指示待ちでは成長しません。自らやってみよう。考えてみよう。挑戦してみようの精神で向上心を持ちながら本番までの3週間で成長してもらいたいです。そして本番でさらなる成長をし、チームリーダーになってもらいたいです。